TOP >カリスマ > 御霊の賜物
ー 御霊の賜物 ー
Gifts 教会への地図

カリスマ 聖霊のバプテスマ 御霊の賜物 預 言 いやし カウンセリング



私は、キリスト・イエスによって
あなたがたに与えられた神の恵みのゆえに、あなたがたのことをいつも神に感謝しています。
というのは、あなたがたは、ことばといい、知識といい、すべてにおいて、
キリストにあって豊かな者とされたからです。
それは、キリストについてのあかしが、あなたがたの中で確かになったからで
その結果、あなたがたはどんな賜物にも欠けるところがなく
また、熱心に私たちの主イエス・キリストの現われを待っています。
コリント人への手紙第一 1:4-7




さて、兄弟たち。御霊の賜物についてですが
私はあなたがたに、ぜひ次のことを知っていていただきたいのです。
さて、御霊の賜物にはいろいろの種類がありますが、御霊は同じ御霊です。
奉仕にはいろいろの種類がありますが、主は同じ主です。
働きにはいろいろの種類がありますが
神はすべての人の中ですべての働きをなさる同じ神です。
コリント人への手紙第一 12:1-6




しかし、みなの益となるために
おのおのに御霊の現われが与えられているのです。
ある人には御霊によって知恵のことばが与えられ
ほかの人には同じ御霊にかなう知識のことばが与えられ
またある人には同じ御霊による信仰が与えられ
ある人には同一の御霊によって
いやしの賜物が与えられ
ある人には奇蹟を行なう力
ある人には預言
ある人には霊を見分ける力
ある人には異言
ある人には異言を解き明かす力が与えられています。
しかし、同一の御霊がこれらすべてのことをなさるのであって
みこころのままに
おのおのにそれぞれの賜物を分け与えてくださるのです。
コリント人への手紙第一 12:7-11



こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。
その中で一番すぐれているのは愛です。
愛を追い求めなさい。
また、御霊の賜物、特に預言することを熱心に求めなさい。
コリント人への手紙第一 13:13 -14:1




あなたがたのばあいも同様です。
あなたがたは御霊の賜物を熱心に求めているのですから
教会の徳を高めるために
それが豊かに与えられるよう
熱心に求めなさい。
コリント人への手紙第一 14:12




それゆえ、わたしの兄弟たち。
預言することを熱心に求めなさい。
異言を話すことも禁じてはいけません。
ただ、すべてのことを適切に、秩序をもって行ないなさい。
コリント人への手紙第一 14:39-40




いつも喜んでいなさい。
絶えず祈りなさい。
すべての事について、感謝しなさい。
これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。
御霊を消してはなりません。
預言をないがしろにしてはいけません。
すべてのことを見分けて
ほんとうに良いものを堅く守りなさい。
テサロニケ人への手紙第一 5:16-21




長老たちによる按手を受けたとき
預言によって与えられた
あなたのうちにある聖霊の賜物を軽んじてはいけません。
テモテへの手紙第一 4:14




それですから、私はあなたに注意したいのです。
私の按手をもってあなたのうちに与えられた神の賜物を
再び燃え立たせてください。
テモテへの手紙第二 1:6




万物の終わりが近づきました。
ですから、祈りのために、心を整え身を慎みなさい。
何よりもまず、互いに熱心に愛し合いなさい。
愛は多くの罪をおおうからです。
つぶやかないで、互いに親切にもてなし合いなさい。
それぞれが賜物を受けているのですから
神のさまざまな恵みの良い管理者として
その賜物を用いて、互いに仕え合いなさい。
語る人があれば、神のことばにふさわしく語り
奉仕する人があれば、神が豊かに備えてくださる力によって、それにふさわしく奉仕しなさい。
それは、すべてのことにおいて
イエス・キリストを通して神があがめられるためです。
栄光と支配が世々限りなくキリストにありますように。アーメン。
ペテロの手紙第一 4:7-11






御霊の賜物(みたまのたまもの)を通して、
主はしるしと不思議のみわざを現わされます。

そして、注意しなければならないのは、
御霊の賜物(カリスマ)は個人に与えられたものではなく、
教会のみからだに与えられたものだということです。

ですから、御霊の賜物を聖書的に用いるためには、
教会の秩序における管理の中で、
賜物を用いる必要があるのです。

御霊の賜物は「奉仕」と大きく関係があるのです。

「さて、御霊の賜物にはいろいろの種類がありますが、
御霊は同じ御霊です。
奉仕にはいろいろの種類がありますが、
主は同じ主です。
働きにはいろいろの種類がありますが、
神はすべての人の中ですべての働きをなさる同じ神です。
しかし、みなの益となるために、
おのおのに御霊の現われが与えられているのです。」
コリント人への手紙第一 12:4-7

とあるとおりです。

そして、御霊の現われである御霊の賜物は
9つあると聖書は教えます。
(气Rリント 12:8-10)

ある人には御霊によって知恵のことばが与えられ、
ほかの人には同じ御霊にかなう知識のことばが与えられ、
またある人には同じ御霊による信仰が与えられ、
ある人には同一の御霊によって、いやしの賜物が与えられ、
ある人には奇蹟を行なう力
ある人には預言
ある人には霊を見分ける力
ある人には異言
ある人には異言を解き明かす力が与えられています。

以上の9つです。

教会のみからだに所属するクリスチャンは教会の管理のもと、
神の働きのため、互いの益となるために、
御霊の賜物を用いることができると聖書は教えています。

むしろ、
「愛を追い求めなさい。
また、御霊の賜物、特に預言することを熱心に求めなさい。」
コリント人への手紙第一 14:1
とあるとおり、御霊の賜物を求めるように、
聖書は命じているのです。

主の十字架クリスチャンセンターの各教会は、
いのちの水の川教会も含め、
聖書どおり、御霊の賜物を求め、
管理し、用いている
カリスマ教会です。

クリスチャンは、聖書に立つ必要があります。

御霊の賜物を何か自分たちの所有物であるかのように、
体験的に、感情的に用いることは妥当ではありません。

また、逆に、自分がまだ
体験していないことだからといって
御霊の賜物じたいを否定してしまうことも
聖書的な態度ではありません。

御霊の賜物が、どのように聖書的に運用されているのか
実際に主の十字架クリスチャンセンターの各教会で
ご覧いただくことをおすすめします。

主の十字架クリスチャンセンターでは、
礼拝において、実際に、
御霊の賜物を聖書的に用い、
主のみわざを求めて、
いやしや預言などを用いています。





御霊の賜物ついて、
くわしくは、
「カリスマ」 のページを参照してください

主の十字架クリスチャンセンター総合ホームページ
クリスチャン、カリスマとたどったページです



さらに詳しくは、
パウロ秋元牧師著『預言』『カリスマ宣言』(雲の間にある虹出版
をご参照ください




お知らせ メッセージ 集会案内 宣 教 カリスマ 教会紹介 リンク
             
信仰トピックス 賛 美 礼 拝 海外宣教 聖霊のバプテスマ 牧師紹介 TLCCC & 関連団体
祈りの課題 聖書の語りかけ 聖 会 新潟の宣教 御霊の賜物 連絡先 TLCCC 各教会
ディボーション  証 し 学びのクラス 北陸の開拓 預 言 教会への地図  
携帯サイト&速報 ゴスペル教室 預言者学校   いやし  
サイトマップ  みことばカード 神学校   カウンセリング  
Copyright
The Lord's Cross Christian Center Church On The River Of Water Of Life



Access: Since 18 Aug 2001