TOP > 紹介

紹介します <イエスは主です>

はじめまして よいお知らせがあります
神は、実に、
そのひとり子をお与えになったほどに、 世を愛された。
それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、
永遠のいのちを持つためである。

ヨハネの福音書 3:16
この方以外には、だれによっても救いはありません。
世界中でこの御名のほかには、私たちが救われるべき名としては、
どのような名も、人間に与えられていないからです。

使徒の働き 4:12
そして、ふたりを外に連れ出して
「先生がた。救われるためには、何をしなければなりませんか。」と言った。
ふたりは、「主イエスを信じなさい。
そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます。」と言った。

使徒の働き 16:30-31

なぜなら、もしあなたの口でイエスを主と告白し、
あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、
あなたは救われるからです。
人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。
聖書はこう言っています。
「彼に信頼する者は、失望させられることがない。」
ユダヤ人とギリシヤ人との区別はありません。
同じ主が、すべての人の主であり、
主を呼び求めるすべての人に対して恵み深くあられるからです。
「主の御名を呼び求める者は、だれでも救われる。」のです。

ローマ人への手紙 10:9-13

 

 

すなわち、神は私たちを世界の基の置かれる前からキリストのうちに選び、
御前で聖く、傷のない者にしようとされました。
神は、ただみこころのままに、私たちをイエス・キリストによってご自分の子にしようと、
愛をもってあらかじめ定めておられたのです。
それは、神がその愛する方によって私たちに与えてくださった恵みの栄光が、
ほめたたえられるためです。
私たちは、この御子のうちにあって、
御子の血による贖い、すなわち罪の赦しを受けているのです。
これは神の豊かな恵みによることです。
エペソ人への手紙 1:4-7


世界を造られ、人を造られ、私たちを計画をもって造られた方、
創造主、造り主なる神さまは、私たちをほんとうに愛しておられます。
次のように聖書で書かれているとおりです。

わたしの目には、あなたは高価で尊い。
わたしはあなたを愛している。
イザヤ書 43:4

しかし、人はみな罪人だと聖書に書かれてあります。
全員です。
私も、罪人です。
そして、あなたも、罪人だということです。

では、どうなのでしょう。私たちは他の者にまさっているのでしょうか。
決してそうではありません。
私たちは前に、ユダヤ人もギリシヤ人も、
すべての人が罪の下にあると責めたのです。
それは、次のように書いてあるとおりです。
「義人はいない。ひとりもいない。
悟りのある人はいない。神を求める人はいない。
すべての人が迷い出て、みな、ともに無益な者となった。
善を行なう人はいない。ひとりもいない。」
ローマ人への手紙 3:9-10


私たちの先祖アダムが罪を犯し、そしてその罪は私たちの中にもあります。
神さまにそむき、神さまをかえり見ないという罪です。
そのため、私たちはさまざまな罪の世の罪過と苦しみの中にあります。

あなたは罪人だと認めますか?

神さまはまったくただしく、きよいお方です。
人の罪を罪のままでは受け取られることをなさいません。

しかし、神さまは私たちをゆるそうとなさいました。
罪の身代わりを私たちに送られることをとおして。
み子イエスさまの十字架です。
ここに神さまの愛があるのです。

愛のない者に、神はわかりません。なぜなら神は愛だからです。
神はそのひとり子を世に遣わし、
その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。
ここに、神の愛が私たちに示されたのです。
私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、
私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。
ここに愛があるのです。
ヨハネの手紙第一 4:8-10


イエス・キリストの十字架はごぞんじですか?
2000年前の方のことを考えたことがありますか?
自分に何の関係があるだろうと思われますか?

まったくきよく、ただしく、罪のない神のみ子イエス・キリストは、
私たちの罪の身代わりとなり、十字架で死なれました。
私たちが望んでもおらず、期待してもいなかったのにです。

ここに神の愛があります。
神さまはこのみ子キリストの
十字架によるあがないを信じるだけでよいと言われました。
信じるだけで、あなたの罪をゆるす。
信じるだけで、あなたをもとどおり、神の子どもにしよう、と。

すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、
ただ、神の恵みにより、キリスト・イエスによる贖いのゆえに、
価なしに義と認められるのです。
神は、キリスト・イエスを、その血による、
また信仰による、なだめの供え物として、公にお示しになりました。
それは、ご自身の義を現わすためです。
というのは、今までに犯されて来た罪を神の忍耐をもって見のがして来られたからです。
それは、今の時にご自身の義を現わすためであり、
こうして神ご自身が義であり、
また、イエスを信じる者を義とお認めになるためなのです。

ローマ人への手紙 3:23-26


まったく罪のないお方キリストは十字架の上で死なれました。
私たちの罪の代わりとなって、墓に葬られました。
私たちが望んでもおらず、期待してもいなかったのに、です。
ここに天の父なる神さまの愛と、み子キリストの従順があります。
私たちの罪の中にはないその愛(アガペー)というご性質を、
神さまはお持ちなのです。

そして、三日後、神さまはみ子を墓の中からよみがえらされます。
キリストは復活され、弟子たちの前にあらわれられ、
そして、天に帰っていかれました。
救いのみわざをなしとげられて。

それとも、あなたがたは知らないのですか。
キリスト・イエスにつくバプテスマを受けた私たちはみな、
その死にあずかるバプテスマを受けたのではありませんか。
私たちは、キリストの死にあずかるバプテスマによって、
キリストとともに葬られたのです。

それは、キリストが御父の栄光によって死者の中からよみがえられたように、
私たちも、いのちにあって新しい歩みをするためです。
もし私たちが、キリストにつぎ合わされて、
キリストの死と同じようになっているのなら、
必ずキリストの復活とも同じようになるからです。

私たちの古い人がキリストとともに十字架につけられたのは、
罪のからだが滅びて、
私たちがもはやこれからは罪の奴隷でなくなるためであることを、
死んでしまった者は、罪から解放されているのです。
もし私たちがキリストとともに死んだのであれば、
キリストとともに生きることにもなる、と信じます。
キリストは死者の中からよみがえって、もはや死ぬことはなく、
死はもはやキリストを支配しないことを、私たちは知っています。
ローマ人への手紙 6:3-9

あなたの罪の身代わりとなられ、
十字架で救いの勝利をとられたイエスさまは
いま、天におられ、生きて働いておられます。
父なる神さまとみ子イエス・キリストの愛はきょうも変わらず、
あなたが神さまに立ち返ることを待っておられるのです。

あなたが神さまに立ち返り、神さまを信じることができるように。
そして、神さまの永遠の祝福を受けることができるように。
自分の罪を認め、神さまに信頼し、
すべて神さまにゆだねて平安のうちを歩むことができるように。
信仰の生涯をまっとうすることができるように。

必要なのは、信じることだけです。
父なる神さまがあなたを愛しておられ、
罪をゆるしてくださろうとしていることを。
キリストの十字架によって、罪があがなわれたことを。



ここまでお読みになったあなたにお聞きします。



あなたは、神さまを信じてみたいですか?
イエスさまを信じてみたいと感じましたか?

もし、あなたが神さまを信じたい、
イエスさまを受け入れたい、神さまに従っていきたいと思われるなら
次のお祈りを、声に出して、告白してみてください。

神を信じ、イエスさまを受け入れるお祈りです...



受け入れの祈り
天のお父さま、私は、あなたを信じます。
これまで信じなかったことを赦(ゆる)してください。

私は自分が罪人であることを認めます。
私は自分の罪をどうすることもできません。
どうか、私の罪を赦(ゆる)してください。

私は、イエス・キリストの十字架を信じます。
イエス・キリストが私の罪のために、
十字架にかかり、死なれたことと、
3日目によみがえられたこととを信じます。

約束通り、私の罪は赦(ゆる)され、
イエスさまが私の心に入ってくださったことを
感謝します。

私は神の子どもとされました。
イエス・キリストが私の主です。
あなたが、私の神です。
どうか、私を導いてください。

イエス・キリストのお名前によってお祈りします。
アーメン。

ハレルヤ!
いま、あなたは救われました!


「人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われる」
からです。

あなたの内に、イエスさまが入って来られました。
あなたの王として、人生の主としてみ子キリストが来られました。

あなたは神の子です。
あなたの罪は赦されました。

あなたはクリスチャンに与えられる特権を手にされました。

さらに、思い出される罪を一つひとつ悔い改め(くいあらため)てください。
そのすべての罪を、神はみ子の十字架の血しおを通して赦(ゆる)してくださいます。
あなたは罪から解放されたのです。
もし、私たちが自分の罪を言い表わすなら、神さまはそれをゆるしてくださいます。

神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。

ヨハネの手紙第一 1:9


メールをくだされば、お近くの教会をご紹介いたします。

また、聞きたいことやわからないことがありましたら、メールをください。

そして、ぜひ、お近くの教会にお電話などで連絡して、おいでください。

新潟、長野、富山、石川にお住いなら、こちらへ

あなたにすばらしい人生の計画が待っています。

なぜなら、
神はあなたをご計画をもって召し出された(呼び出された)からです。

クリスチャンは教会のみからだの一員として、成長し、祝福を受けるからです。
教会はかたくるしいところではありません。
主にある兄弟・姉妹であるクリスチャンたちがあなたをお待ちしていますよ。

どうぞ、お気軽に、お近くの教会へ!

▼メールでたずねる

▼新潟、長野、富山、石川の教会をさがす
▼それ以外の地域の教会をさがす


▼全国の教会のホームページを見る

初めに、ことばがあった。
ことばは神とともにあった。ことばは神であった。
この方は、初めに神とともにおられた。
すべてのものは、この方によって造られた。
造られたもので、 この方によらずにできたものは一つもない。
この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった。
光はやみの中に輝いている。
やみはこれに打ち勝たなかった。
ヨハネの福音書 1:1〜5

ことばは人となって、私たちの間に住まわれた。
私たちはこの方の栄光を見た。
父のみもとから来られたひとり子としての栄光である。
この方は恵みとまことに満ちておられた。

ヨハネの福音書 1:14













The Lord's Cross Christian Center Hokuriku Area