TOP > 教会
教 会 <神のみからだの働き>

リバイバル、海外宣教、神学校、出版...

また、御子はそのからだである教会のかしらです。
御子は初めであり、死者の中から最初に生まれた方です。
こうして、ご自身がすべてのことにおいて、第一のものとなられたのです。

コロサイ人への手紙 1:18

教会とは、イエス・キリストをかしらとする神のみからだです。
教会の真の主任牧師は神、イエス・キリストであり、私たちはそのお方に聞き従い、
信仰の歩みを全うしていきます。


教会について、さらにくわしく学びたい方は、

主の十字架クリスチャンセンターの総合ホームページから
<クリスチャンの方はこちらからどうぞ>
<教会>
とたどってください。


各教会の牧師・連絡先こちら

主の十字架クリスチャンセンター


      (神)
       
       ┃

    責 任 長 老 会
       
       ┃

      長 老 会
       
       ┃

      教 会 各地域の各教会については、東京アンテオケ教会のリンクページへ
       ┃
       ┃
┏━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

・関 東
・北海道
東 北
北 陸
・中 部
・関 西
中 国
四 国
・九 州
沖 縄
・アメリカ
・ブラジル ほか
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 


主の十字架クリスチャンセンターとは

 主の十字架クリスチャンセンター(TLCCC)は、
神を信じ、主の主任牧会の中で、祈り聞き従い、
聖書どおりに、
預言やいやしなどの御霊の賜物(カリスマ)の働きを通して、
しるしと不思議のみわざを求め、
終末のリバイバル(魂の大収穫・救い)に備えることに召された
福音と聖書信仰に立つ
プロテスタントの聖霊派のカリスマ教会(キリスト教会)です。


主の十字架クリスチャンセンターの立つ信仰の立場

聖書(旧新約聖書66巻)は、神の霊感によって書かれた誤りなき神の言葉であり、
この書が信者の信仰生活の唯一の基準である。

神は永遠にして聖であり、
父、子、聖霊の三位一体の神である。

人間は神に対して罪を犯し、
神との交わりから堕落してしまい、霊的に死んでしまった。
すべての人は生まれながらの罪人である。

イエス・キリストは、私たちの罪の身代わりとなり、
十字架に掛かって死に、葬られ、
三日めに復活して、天の右に着座された。
そして、もう一度この世に来られる。

人はイエス・キリストを信じ、
悔い改めることにより、
新生を体験する。
それは、ただ神の恵みによる。

教会はキリストのからだであり、
この世から召し出された信者によって構成される。
礼典を守り、伝道に励む。

教会には、5つの務めと賜物が与えられている。(使徒、預言者、伝道者、牧師、教師)
また、実際的な賜物と9つの賜物(1コリント人12章)は、
キリスト者を通し、5つの務めの秩序の内にあって、
キリストのからだを立て上げる神の道具となる。


主の十字架クリスチャンセンターの沿革

リバイバルがおこることを主に語られ、その召しを受け、
1984年4月1日より、主の導きにより国分寺市にて開拓教会としてスタート。
現在、国内に96教会、海外に12教会を有している。(2001年現在)
クリスチャンセンターという名称は、ここから多くの場所に派遣されていくという示しからつけられた。
リバイバルにおける国内、海外宣教に召しがある。


-> くわしくは、主の十字架クリスチャンセンター総合ホームページをご覧ください。


 海外宣教出版、国内外の教会設立などに召され、
神学校預言者学校など
奉仕者、献身者の聞き従いの訓練と建て上げ、
リバイバルの器の養成にも召されています。

-> 主の十字架クリスチャンセンター総合ホームページ




   

 
また、神は、
いっさいのものをキリストの足の下に従わせ、
いっさいのものの上に立つかしらであるキリストを、
教会にお与えになりました。
教会はキリストのからだであり、
いっさいのものを
いっさいのものによって満たす方の
満ちておられるところです。

エペソ人への手紙 1:22-23






The Lord's Cross Christian Center Hokuriku Area.